活動紹介

JCI

セミナーショーケース

概要

Vision Mission & Values(VMV)

ヘッドトレーナー
紫垣 洋
場所(会場名)
国立京都国際会館 会議室 ROOM D
日時
2015年1月24日(土)14:30~16:30
参加予定員数
100名
前年度実績
136名
概要
このプログラムでは、JCが何をするところか良く考え、自分達の運動の方向性を探ります。
「JCの発祥の地はどこ?」、「どんな時代背景でJCは出来てきたの?」から、JCIの目的やJCIクリードの理解を通じて、JCが目指す未来、JCでやるべき事、そしてその運動の価値等について考えます。
JCに入ろうか迷っている人のためのオリエンテーションとして、新入会員セミナーとして、理事セミナーとして、卒業を目前に改めてJCで何をしたら良いのか等のセミナーとしてお薦めします。JCをもう一度見なおすチャンスです。
内容
  • モジュール1:What’s JC/What’s JCI
  • モジュール2:JCのVision JCの出来た時代背景からクリードに触れ、JCの目的を探ります。なぜJCなのか、JCの目的から、メンバーがなぜJCに入会しているのか改めて考えます。
  • モジュール3:JCのMission JCの目的達成の為にどのような機会があるのか、もう一度理解し、何をしなければいけないのかそれぞれの使命について考えます。
  • モジュール4:JCのValues JCを良く理解した上でメンバーそれぞれの価値観を再認識しこれからどのようにJC運動に携わっていくか考えます。

Community & Communication(ComCom)

ヘッドトレーナー
井上 雄二
場所(会場名)
国立京都国際会館 会議室 ROOM J
日時
2015年1月24日(土) 14:30~16:30
参加予定員数
40名
前年度実績
49名
概要
地域の課題を解決してゆくためには、異なる様々な立場の人たちと知恵や力を併せて行動することが求められます。コミュニティの一員として共に協力してゆくためには、コミュンケーション力は必須です。本セミナーの終わりには、参加者は、コミュニケーションの原理について理解し、自身のコミュニケーションスタイルを見つめ直し、よりよいコミュニケーションのためのヒントを得ることができます。フラフープを使ったグループアクティビティを通じて、全員が参加体験するスタイルのセミナーです。
組織の中で、又は、地域の中での協働促進のためのセミナーとして、又は、個々人のコミュニケーション力向上のためのセミナーとしてご活用ください。
内容
  • モジュール1:はじめに
  • モジュール2:コミュニケーションの原理
  • モジュール3:体験演習
  • モジュール4:自分のコミュニケーションスタイル
  • モジュール5:よりよいコミュニケーションのためのヒント
  • モジュール6:おわりに

JCゲーム

ヘッドトレーナー
塩田 高之
場所(会場名)
国立京都国際会館 会議室 ROOM G
日時
2015年1月24日(土) 14:30~16:30
参加予定員数
50名
前年度実績
54名
概要
JC活動を疑似体験!
「まちづくりのできるひとづくり研修プログラム」それを私たちは青年会議所運動そのものと位置づけます。そしてJCゲームでは、その活動への「はじめの一歩」をうながす研修プログラムです。
本プログラムでは、楽しい雰囲気の中で、JC活動の疑似体験とJCライフの創造を行います。その中で、自らがその意味について考えあるいは、振り返って、なにが新しい「気づき」をつかみ、より積極的な活動を実現して頂く事を目的としています。
内容
  • モジュール1:最初のインストラクション
  • モジュール2:JCゲームの説明(1)概要説明(2)ルール説明
  • モジュール3:第1回目のゲーム(1)開始(2)終了(3)得点表の作成
  • モジュール4:中間のインストラクション(1)振り返り(2)パターン説明(3)第2回目の注意
  • モジュール5:第2回目のゲーム(1)開始(2)終了 (3)得点表の作成
  • モジュール6:後半のインストラクション(1)インストラクション(2)自らを語らせる(3)インタビュー(4)スパイラル図
  • モジュール7:修了のインストラクション(1)HEART

Personal Skill, Inter Personal Skill ~Finding My Creed24~(PIP)

ヘッドトレーナー
辻 智幸
場所(会場名)
国立京都国際会館 会議室 ROOM F
日時
2015年1月24日(土) 12:30~16:30
参加予定員数
40名
前年度実績
37名
概要
これまでの自分を見つめなおし、新たな目標を立てることで、明日への行動意欲を掻き立てることができるプログラムです。
これまでの人生において、自分がどれだけ多くの方にご恩を受けて生きてきたかを自ら考えることができ、これからの人生においてそのご恩をどのように返していくか、受けたご恩で成長した自分をどのように地域社会で活かしていくかを決断することができます。
内容
  • モジュール1:オープニング、第一印象ゲーム
  • モジュール2:欠席裁判、SS分析、ジョハリの窓
  • モジュール3:自分目録、今ここに、目録の見直し、MyCreed作成
  • モジュール4:マス目ゲーム
  • モジュール5:エンディング

ロバート議事法

ヘッドトレーナー
樋口 龍馬
場所(会場名)
国立京都国際会館 会議室 ROOM I
日時
2015年1月24日(土)14:30~16:30
参加予定員数
40名
前年度実績
37名
概要
1876年にアメリカ陸軍のヘンリー・ロバート将軍が英米議会の運営規則を基に民間団体に適応できる会議運営のルールブックとして作成したのが、ロバート・ルールズ・オブ・オーダーです。
日本には、1956年、服部礼次郎先輩によって導入されました。現在では国連を始めとする多くの公式会議で採用されています。
内容
  • モジュール1:ロバート議事法とは
  • モジュール2:模擬理事会

ページの先頭へ

お申込手順

【1】下記ボタンから2015年度京都会議「セミナーショーケース」参加申込書をダウンロードしてください。

申込み書をダウンロードする

【2】必要事項をご記入の上、JCプログラム実践委員会 info365jcp@gmail.com に申込書を送付してください。

【3】受付が完了された方には予約番号をお知らせします。
尚、各コース原則として 1LOM1名様まで(当日空席がある場合は除く)とさせていただきますので、ご希望に応じられない場合がございます。あらかじめご了承ください。
※各コース 開始時間の30分前より受付をしますので、お早めに会場へお越しください。
(受講者の方には受付にて名刺を頂戴しますので、名刺のご準備をよろしくお願いします)

締切日:2015年1月19日(月)正午まで

2015年度京都会議 会員用スケジュールはこちら

ページの先頭へ

お問い合わせ

お問い合わせ先

公益社団法人 日本青年会議所 JCプログラム実践委員会
山子 泰典(やまこ たいすけ) t-yamako@yamashou-e.co.jp

子供たちのために