あなたの街の青年会議所 & 日本の底知れぬ力 & 地域再興先進事例

あなたの街の青年会議所 & 日本の底知れぬ力 & 地域再興先進事例

【新潟県新潟市】ナミックス テクノコア(研究所)見学

あなたの街の青年会議所 & 日本の底知れぬ力 & 地域再興先進事例 2015.03.27

ナミックス社は北陸塗料株式会社として1947年2月に設立され、海産物を原料したところからスタートされました。その後、1958年に防湿絶縁塗料『セラコート』の開発に成功し、電子部品材料製品に参入致しました。1980年第以降は、電子部品用の誘導ペースト、接着剤、絶縁コーディングを手掛けるようになり、現在では、世界シェアNo1の製品を数多く持つ高度な研究開発型企業として発展を続けておられます。
今回視察をさせて頂いた2008年に設立されたナミックス テクノコア(研究所)は、空中に浮かんだような前面ガラス張りのオフィスになっており、「近未来宇宙の旅」に出てくるような斬新なデザインの施設で新しい物を開発する環境が整っている研究所と感じました。また、隣接する県営島見緑地帯と連動している屋上庭園があります。
ナミックス様での施設見学では、社として取り組まれた事例や開発コンセプトを紹介して頂きました。
* 1960年代後半から1970年代
円盤セラミックコンデンサー用の絶縁材料や電極用銀ペーストをはじめとする導電材料を開発。
* 1980年代以降
半導体封止用材料を開発し、半導体分野にも進出!「導電」「絶縁」は全く相反する技術でありながら、1つの電子部品には必ず両分野の技術が必要となります。この業界では、どちらか一方の製品を取り扱うというケースが
ほとんどの中、1社で両分野技術を併せ持つ企業は非常に稀な存在となっておられます。
* 開発コンセプト
『S・E・E・D・S(半導体・環境・エネルギー・ディスプレイ・システム)』。このコンセプトのもと、電子部品材料の研究開発を行っている。長年培ってきた技術力で、汎用品はもちろん、オーダーメイドにも対応しておられます。現時点でも海外輸出が売り上げの70%以上を占め、全体社員の約40%はエンジニアで、常に新しい商品への取組みをチャレンジしておられる企業です。また行動指針として『自立・自動・自助』があり、周りや他の人にすがるのではなく、物事に対して自ら考え、行動し、事を成すといったところからも、現在日本が抱えている市場マーケットの悩みを、既に実践されておられ、大変勉強となる視察でありました。

DSC_0414

DSC_0415

DSC_0450

DSC_0457