あなたの街の青年会議所 & 日本の底知れぬ力 & 地域再興先進事例

あなたの街の青年会議所 & 日本の底知れぬ力 & 地域再興先進事例

【徳島県鳴門市】渦の道 視察

あなたの街の青年会議所 & 日本の底知れぬ力 & 地域再興先進事例 2015.03.20

四国と淡路島間 鳴門海峡に発生する世界最大規模のうず潮が見れる、渦の道を視察しました。
当初、渦の道は、大鳴門橋開設時に計画されていた鉄道建設のために設けられた空間(場所)でした。
しかし大鳴門橋開通後、わずか80日後に明石海峡大橋を道路単独橋として建設することが決定しました。
この結果、明石・鳴門海峡の鉄道計画が実現不可となり、鉄道空間を活用して、観光施設としてオープンしました。鳴門海峡の南側(太平洋側)水深140M、北側(瀬戸内海側)水深200Mの海釜(かいふ)と呼ばれる
深いくぼみがあり、海峡独特の海底地形が潮の干満にともなう海水の流れと合わさり、鳴門の渦が発生してます。
鳴門の渦は、世界三大うず潮の中でも最大規模の渦が発生します。
約450Mの遊歩道を通り、展望台に向かいました。鳴門海峡を見渡せるようになっており、わかめの養殖の風景等を見ることができました。遊歩道床に、4か所のガラス床が設置してあり、渦巻く海面がスリル満点に、感じることができました。展望台の床は、大鳴門橋の橋桁空間いっぱいを利用した高さに設計されております。
渦上45メートルの高さから、ガラス床を除くと、うず潮や轟音とどろく激しい潮流を体感することができました。渦の道 原田館長によると、昨年1年間の入場者数は、51万人で全体の2%は、外国人とのことでした。
2012年2月より、「鳴門のうず潮」を世界遺産登録を目指した取り組みが行われてたり、渦の道を利用した綱引き大会計画もされてます。
このような、様々な取り組みにより、入場者数の増加を目指し、さらなる地域再興を目指されています。

IMG_9957

IMG_7342

IMG_9896

IMG_7367