活動報告

訪中1

【2015年度訪中ミッション① 5月26日】

【2015年度訪中ミッション① 5月26日】

活動報告 2015.06.04

5月26日から28日にかけて、2014年度に中華全国青年聯合会と締結した「日中未来友好協定」に基づき、日中がアジア地域の安寧のために、協調してリーダーシップを取っていく関係を作ることを目的に、柴田剛介会頭ほか日本JC役員並びにメンバーが、北京を訪れました。

<結団式>
26日の結団式では、セレモニーのあと青木副会頭から、本ミッションがアジア地域の平和と安定のために日中が協調してリーダーシップをとる関係作りに貢献し、参加者が中国とのつながりを築く一期一会の機会となるよう挨拶がありました。また日中関係構築委員会の鎌田委員長から本事業の趣旨について説明がありました。

<オリエンテーション>
全国中華青年聯合会国際部副部長の張国来氏から、全国中華青年聯合会とその活動について説明がありました。また、日中関係構築委員会の仙坊副委員長より、本ミッションの行程について説明がありました。

<中国国際交流協会副会長との会談>
柴田会頭ほか日本JC役員並びに日本JC日中友好の会の揚原安麿会長および若手リーダー代表である野田市議会議員の遠藤様が、若手リーダー交流事業の共催者である中国国際交流協会副会長の葉小文氏と釣魚台国賓館において会談しました。葉氏は、中国中央社会主義学院党書記、第一副院長であり大臣クラスの要人でもあります。
会談では、葉副会長から日中の交流の重要性と両国間の問題について、揚原会長からは継続的な交流事業の実施の要請が、柴田会頭からは若手リーダー交流事業の共催への御礼と今後の交流への期待が、遠藤議員からは日中の交流の意義がそれぞれ語られました。また、葉副会長が団長である管弦楽団による「鑑真」をテーマとした曲の演奏映像を鑑賞しました。

<中国国際交流協会によるレセプション>
会談に続いて葉副会長による、日本JC役員・日本JC日中友好の会役員・若手リーダー交流事業参加者を招いたレセプションが実施されました。中華料理をベースとした素晴らしい食事を頂きながら、日本側と中国側の会話が弾みました。また、葉副会長によるチェロの演奏、日中関係構築委員会の委員長他スタッフによる歌唱が行われました。

<日本JC日中友好の会懇親会>
日本JC日中友好の会懇親会には、日本JC日中友好の会および本ミッション参加者が参加しました。吉村副会長による乾杯の挨拶の後、各参加者による自己紹介など参加者の交流が深まる一時となりました。会の最後には揚原会長が中国国際交流協会のレセプションを終えて到着され、締めのご挨拶を頂きました。

訪中1

訪中1-2

訪中1-3

訪中1-4

訪中1-5

訪中1-6

訪中1-7

訪中1-8