活動報告

04

【第11回理事会報告】

【第11回理事会報告】

活動報告 2015.11.21

11月21日(土)9:00より、青年会議所会館にて第11回理事会が開催されました。柴田会頭は挨拶において、今月開催されたJCI WORLD CONGRESS 金沢大会への参加と登録と参加についての御礼とともに、報告として、「金沢宣言」では、UN SDGs(国連 持続可能な開発目標)達成のために、「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する」ことに向けた運動を推進していくことが誓約されました。また、ハンセン病に対するスティグマ(社会的烙印)と、差別をなくすための、グローバル・アピールを日本JCが立会人としてJCIと日本財団との間で締結されました。
本日は、サマーコンファレンスと全国大会東北八戸大会を含む、議案68件が承認されました。その他、一般社団法人穂の国青年会議所から一般社団法人豊川青年会議所への名称変更が承認され、会頭から認定証が手渡されました。
オブザーブした各地会員会議所の理事長の挨拶として、第64回全国大会東北八戸大会を主管した公益社団法人八戸青年会議所・類家理事長より全国大会東北八戸大会への御礼の言葉を述べました。続けて、公益社団法人山形青年会議所・横山理事長より、全国大会運営会議に井上議長を輩出させていただき、新・東北3つの夢の達成の一助となれたことに感謝しますと述べました。また、先日、JCI WORLD CONGRESS金沢大会を主管した、公益社団法人金沢青年会議所・北村理事長より大会への参加と登録についての御礼とともに、次年度への豊富と意気込みを述べました。最後に、公益社団法人半田青年会議所・榊原理事長が国際会議支援委員会に近藤委員長を輩出させていただいた御礼とともに、昨年国際アカデミーを開催した際の、海外のJCメンバーに、半田へ再度訪れていただき、国際の繋がりの素晴らしさを感じたと挨拶しました。最後に、天野監事より、青年会議所運動をラグビーに例え、1度サボればマイナス1、続けてサボればマイナス2、1度対応すればプラス1、合計はマイナス1となります。組織と同じように積み重ねが大切であり、マイナスに甘んじるのではなく、プラスへ繋がる行動となるよう、邁進欲してほしいと挨拶しました。

1121_01